2008年10月25日

靴箱いっぱいのGiving

まだ10月末だというのに、教会からもうクリスマスのGIVINGのお知らせが来た。

PA250046.JPGクリックで拡大

これから年末にかけて、家族で楽しく過ごすホリデーシーズンが始まります。
そういう時期に何らかの事情で家族と過ごせない子供達のために、何かしてあげようという活動です。

去年の記事はコチラ

Giving

恵まれない世界中の子供達にクリスマスプレゼントを靴箱につめて贈ろうというものです。

詳しくはこのサイトへ

Samaritan's Purse

「今年は女の子にあげたいな!」とムスメが言うので、『5−9才女の子』のカテゴリを選び、プレゼントを買ってきました。

PA250044.JPG

どう??かわいいでしょ?対象年齢は5−6歳っていう感じかな?
あとはタオルとお菓子を入れてあげる予定。
これを写真上のほうにある、オレンジ色の靴箱に入れました。
誰に渡るかわからないプレゼントを買うのは楽しいね。

うちが通っている教会での受付締め切りは11月2日。
気付けば来週。あわてて用意したわけです。
このプレゼントと、送料7ドル(それ以上の金額は任意で)を渡します。するとクリスマスに世界のどこかで、このプレゼントを手にしてくれる子供がいる!という事になるのです。

実際には11月17−24日の間受け付けているようです。
興味のある方は是非参加してみて下さいねー。










posted by つなみ at 13:45| ニューヨーク ☁| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界の誰に届くか分からない子に買うプレゼント・・・なんだかワクワクするね。すごく大きな事なんだけど、でも靴箱に入れることで、誰でも気軽に参加できるようにしてくれるのは嬉しいね。

昨日のハロウィン衣装。ありあわせの物で、って前に言ってたけどものすごく決まってるじゃん!びっくりした。全然ありあわせじゃないよー(笑)。特に娘ちゃん、黒髪だからほんとにバイオレットみたい。これでつなみちゃんが、えらスティックガールになれば・・・。そんな写真も期待大(爆)
Posted by ピグリー at 2008年10月26日 11:05
昨日コメント残したつもりでいたのに、反映されてなかった〜汗。

このプログラムいいね。世界のどこかにいる子供が幸せな気持を感じてくれるね!!

もうクリスマスかあ。。。積み立てしておかないとプレゼントも買えやしないよ〜うちは〜汗。


Posted by まーすぃ at 2008年10月26日 13:44
すてきだね、こういうプログラム。
あげるほうももらうほうも、わくわく感があるし、幸せな気持ちにさせてくれるもん。

プレゼントもかわいい!!
Posted by びつきい at 2008年10月26日 18:19
つなみさん、教えてくださってありがとうございます。
これ、2年前に教会の子供クラブみたいのでやっていたのを思い出しました。その時はみんなで、少しずつ物を持ち寄って一緒に箱につめました。ウェブも調べてみました。 息子のプリスクールだった教会が集め先になっているようなので、やってみようかな。 ハロウィーンを通り越して クリスマスの雰囲気ですね。箱に入れて包まないで輪ゴムでとめて出すんですよね?(ちゃんと分かってない私、、、。もう一回ちゃんと読まなくちゃ。) 
Posted by かたこ at 2008年10月26日 22:38

こんにちは、えいと@です。

もうクリスマスかー。はやいなー。
ホントにこれからの3ヶ月間はイベントてんこ盛りですね。

アメリカってこういう企画があっていいですよね〜。
お家の事情でプレゼントをもらえない子ってたくさんいますから。。。
届いたプレゼントを開けた子のうれしそうな顔が目に浮かびますね〜!

 えいと@



Posted by えいと@ at 2008年10月27日 02:48
お久しぶりです。スウェーデンの典子です!
息子さんも4歳になり、いろいろ前進ありで良かったですね。そして、2人のコスチューム、最高!!お似合い!!お姉ちゃんが、バイオレットに本当に似てますよ!!
ハロウィーンは何気に忙しいみたいですね。家をこうやって飾るの楽しそう!
後はもうクリスマスの話題ですね。恵まれない人に幸せを分けてあげるのってとても素敵なことだと思います。
Posted by 典子 at 2008年10月27日 04:19
■ピグちゃん
自分の子供達にプレゼントを買うのもいいけど、もらえない子供達に贈るのもいいかなあーと思って。手軽にできるし、靴箱っていうのがいいよね。一応「子供用の靴箱はやめて下さい」って書いてあったの。そうだよね、小さいのもらったらがっかりするものね。
インクレディブル、大丈夫そう?ほめてもらってうれしい〜。Tシャツやスパッツが家にあったからお安く済んじゃったわよー。マスクはパーティーシティーで99セントだし!!既製のものもかっこいいけど、家でなんとかなっちゃうのも楽しいね。あ、私はイラスティガールにはならないのよ・・・。


■まーすぃちゃん
前記事のコメントはメールフォームで届いてるよ!どうもありがとう。この時期、孤児院の子にプレゼントしたりとか、色々あるよね。我が家もできることはやりたいなーとささやかながら参加しているのよ。
うちの子供が大きくなって、ほしいプレゼントが高価になってきてるよ・・・・うちも積み立てなくっちゃあ。


■びつきいちゃん
スーパーでこまごましたものを売っているコーナーがあって、そこでみんな揃えてみたのよ。気に入ってくれるといいなーー。
びつきいちゃんの風邪どう?私は全然治らないわ。アラフォー回復力遅いよ・・・


■かたこさん
かたこさんもご存知だったんですねー。そうそう、輪ゴムでとめて出すやつです。靴箱に小さいおもちゃなどをつめるのが楽しくて。どんな子がもらってくれるのかなーと思うとちょっとワクワクですよね。うちはムスメが喜んでやってくれました。何か感じてくれるといいなあと願いつつ。


■えいと@さん
そうですねー。ホリデーの時期は大人でも何もないとさみしいものですもんね。私たちにも何かできたらいいなーとやってみました。誰がもらってくれるなー。

■典子さん
お久しぶりです!ハロウィンは結構色々準備が大変です。こんなにも国民行事とは知りませんでしたよ。インクレディブルのTシャツ、二人とももう小さくて今年限りなので、やってみました。おほめいただいてうれしい〜。
スウェーデンでもハロウィンはやるのかな。けんちゃんのカーズ、見ましたよー。とってもよく似合ってる!
うちの4歳児、まだあそこの問題が解決せずです。トホホ・・・・。
Posted by つなみ at 2008年10月27日 21:48
こういうのってすごくいいね。クリスマスって日本ではプレゼントとケーキと恋人たちのシーズンだけど、こっちではgivingと感謝の時なんだよね。こっちでもスーパーや学校で恵まれない子供たちのためのおもちゃプレゼントの箱やツリーが設置されるんだ。私たちも貧乏な時に、誰かわからないけどたっくさんのプレゼントが家に届けられてたことがあって、泣いたもの。本当にあの時のことが忘れられないから、毎年少しでもいいから絶対に何かするって決めてる。こういうスピリットを紹介してくれてありがとね、つなみちゃん!
Posted by さりすけ at 2008年10月27日 23:57
■さりちゃん
さりちゃんにはそんなことがあったのか。
だからこそ、自分が何かできる時にしてあげたい、っていう気持ちになるよね!
私も毎年1回この時期だけなんだけど、何かするようにしてるの。喜んでくれるといいなーって。
Posted by つなみ at 2008年10月29日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。